夫婦関係の破綻という不倫の言い訳 探偵社の浮気調査

浮気調査コラムメイン画像

不倫の証拠を掴まれた配偶者や浮気相手か「婚姻関係は破綻状態だった」「夫婦関係が破綻していたと聞いていた」との言い逃れれをするケースが増えています。
果たして、夫婦関係の破綻とは?破綻主義とは?

夫婦関係の破綻主張で使用される破綻主義とは?

浮気調査で不倫の証拠を掴まれた結果、不貞行為(不法行為)の慰謝料請求を求める裁判や調停で係争中の事案において、被告や被告側弁護士から頻繁に出てくる言葉

「夫婦関係は既に破綻していた!」
「破綻主義によれば慰謝料請求は認められない。」

特に弁護士がいる案件では、まさに伝家の宝刀の如く、毎回のように繰り広げられるのが夫婦関係の破綻の主張という破綻主義の抗弁になります。

家庭裁判所

夫婦関係の破綻が主張されるようになった判例(原因)

婚姻関係の破綻主張が繰り広げられるようになった大きな要因は最高裁が出したある判決(判例)によります。

配偶者と第三者(不倫相手)が肉体関係を持った場合において、原告と配偶者との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情がない限り、第三者は、原告に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である

この判例をもって、不貞行為の証拠があるケースでは不貞行為の事実を争ったところで敗訴することが濃厚なため、「夫婦関係は既に破綻していた」との主張が通れば儲けものとばかりに、相手方弁護士は同判例を持ち出して「破綻していた!破綻状態だったでしょう!」と抗弁することが多くなったのです。

夫婦関係の不仲と破綻とは全く違うもの

当然、不倫をしているくらいですから、夫婦仲があまり良くない状況であるケースが多いのは容易に想像がつくことですが、夫婦仲が悪くなったそもそもの原因は不貞行為を行っている配偶者にあるわけです。
中には家庭内別居のような状態に発展していることもあります。

にも関わらず、夫婦仲が良くないという事実をもって、一般の方が弁護士のような法律の専門家から「夫婦関係は破綻していた!」と強く指摘されると、法律に詳しくない一般の方としては

「確かに夫婦仲が悪かったし、険悪な雰囲気だった」
「破綻していると言われたらそうなのかも・・・」

破綻の言葉にショックを受けて、意気消沈してしまうかもしれませんが、夫婦仲の不仲程度で夫婦関係の破綻とはみなされるようなことはありませんの、安心されてください。

真実を捻じ曲げるような嘘が通用するほど、世の中は甘くありません。

嘘と真実

夫婦関係の破綻状態とは?

では、どのような状況が夫婦関係が破綻しているとみなされるのか?
どこからが破綻状態で、どこまでは破綻ではないのか?
夫婦関係破綻の定義は状況や夫婦関係のある方によって様々な判断がなされます。

  • 別居して○年
  • 生活費を入れなくなって○ヶ月、○年
  • 家庭内別居の状況や期間
  • セックスレスであるか否か? またはその期間
  • 婚姻期間はどれだけなのか

様々な要因によって判断されるものですからかなりの個人差がありますが、夫婦関係の破綻が認めらるには一般的に別居状態であることが必要になります。
ただ、一方的に別居をしたというのは夫婦関係の破綻以前に同居義務違反とみなされ、別の意味での有責配偶者となる可能性があります。

夫婦で話し合った結果、「子供が社会人になったら離婚する」「子供が結婚したら離婚をする」といったように期限を設け、将来の離婚が約束された(離婚対する合意がある)状態で別居が開始されたようなケースは、その事実をもって破綻の起点とされることになるでしょう。

ですので、浮気をしている側(有責配偶者)が離婚したいあまり無理やり別居に持ち込み、夫婦関係の破綻を理由に慰謝料請求を逃れようとしたりするケースも多くありますが、有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められることはありません。

切り離された夫婦関係

相手からの夫婦関係破綻主張を否定する方法

長年探偵をやっている者であれば、「夫婦関係の破綻」という言葉は耳にタコが出来るくらい頻繁に聞く言葉になります。

ですので、弊社に来る相談者さんには、慰謝料請求を逃れる目的で府夫婦関係の破綻主張などの言い訳をすることは、当然のように既に織り込み済みで想定内といえます。
あらかじめ予防処置もアドバイスしております。

例えば

  • 一緒に家族旅行に行く
  • 一緒に食事に行く
  • 一緒に買い物に行く
  • 一緒に子供の行事に参加する
  • 一緒にビデオを見た

どんな些細なことでも証明できるよう記録するようにしていただき、対象者が単身赴任で「妻(夫)とは別居中」と偽られる可能性がある時には掃除に行って一緒に食事をするなど、破綻をしていないと証明できる手段は、数多くあります。
家族で食事をした時にあげたSNSの投稿やレシートなど何でも証拠として使えます。

夫婦生活があった時に避妊具を残しておくなどされたら、それはもう、100万%相手の破綻主張は通りません。 ※行うまでもありませんが、避妊具のDNA鑑定で証明可能

レシートの山

虚偽の破綻主張を否定するのは難しくない

家庭内別居状態だったといった主張程度であれば崩すのは造作もないことですし、そもそも、そのような嘘が通用するほど甘くはないのが現実です。
不倫の疑いがある中で別居に至ってしまったとしても、別居が何年も続いている状況でもない限り、夫婦関係の破綻とみなされる可能性は低いでしょう。

当然、弊社としては離婚や慰謝料請求時に相手側が夫婦関係の破綻を主張されることを前提に調査を行っていますので、破綻主張に対抗できる情報が得られることもあり、調査中の判明事項は全て依頼者さんにお知らせしております。

離婚や慰謝料請求をするというのは1つの戦いでもあります。
戦いに勝つには、相手の先方を知り、先に対策をうってから戦いに臨むことです。
相手が抗弁してくるであろう方法を予測想定し、論破できる情報(証拠)と戦術さえ揃えておけば、心配することはないでしょう。
卑怯な手段を使う相手に負けないよう、充分な準備をするようにしましょう。

浮気調査業務において、調査任務を遂行する上でラブホテルや各種宿泊施設の地理的状況や出入口の位置などを含めた施設の情報を把握しているかは、非常に重要なポイントとなります。
そういった点において弊社は25年を超える三重県内のい調査実績があり、浮気調査の受件数もダントツです。
どのラブホテルではどこから撮影するのが適切であるなど、ラブホテルの状況は把握済みとなっており、安心して浮気調査をお任せいただける探偵社です。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

浮気調査コラム 筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

探偵社概要

社名 総合探偵社ガルエージェンシー伊勢湾
住所 四日市相談室
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
電話番号 059-353-6665
探偵業届出番号 三重県公安委員会 第55070401号
代表者 矢橋 克純
主要調査担当地区 四日市市 / 桑名市 / いなべ市 / 亀山市 / 鈴鹿市 / 名張市 / 伊賀市 / 中南勢地区(津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市) / 東紀州地区(尾鷲市、熊野市) / 他三重県全域(全国対応)

交通アクセス(四日市市城東町17-33)

三重県の調査はお任せください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム