倦怠期と産後クライシス 探偵社の浮気調査

浮気調査コラムメイン画像

出産後2~3年とされる産後クライシスという現象期間に不倫に走る妻が増加しています。
ホルモンバランスの乱れや精神的なことが原因で浮気をしてしまう妻、その原因と解決法とは?

産後に浮気が多くなるとの指摘

産後クライシスとは?

産後クライシス(さんごクライシス)とは、出産後から2 - 3年ほどの間に、夫婦仲が悪化するという現象を指し、2012年にNHKが提唱した用語である。

妻が思い描いていた結婚~出産~育児という期間の幸せな夫婦生活。

世間では「イクメン」という言葉がもてはやされ、テレビなどで報じられる理想の夫と現実とのギャップが生じる。

ホルモンバランスも産後クライシスの原因の1つとされていますが、実際は不安や満足感の欠如など、精神的な部分が占める割合も大きいでしょう。

様々な要素から生じる【妻の不満】が産後クライシスという形に現れたということになります

出生届

産後クライシスから不倫

交際期間や婚約期間において、常に恋愛対象の女性として大切に扱われ、結婚後もその関係が一定は保持されると信じていたところ出産を機に、家庭の中心は子供へと移行。

彼女から妻、そして母となる過程で薄れる愛

交際期間は彼女という中心的存在から妻という短い期間を経て、永遠に続くであろう母という存在へと変わることになった。
彼氏は夫から父親へと変わっていく。

結婚することや母親となることで、それまでの恋人同士の関係ではないと頭ではわかっているものの、恋愛の要素が失われていくことに違和感を感じてしまう自分がいる。

女性として扱われることへの期待

産後クライシスから不倫へと走る女性の特徴としては

「これまで通り性の対象とされる女性として扱われたい」

との期待が一般的な妻より大きいことが挙げられます。

夫にとって、最愛の女性から妻となり、母親となる過程において、女性としてみられているという確認は夫婦生活(セックス)になるのは自然なことでしょう。

それが薄れていると認識し始める・・・

しかし、周りにいる男性の大半は自分を【女性】として扱ってくれる。

また、出会い系サイトなどネットの世界では、女性上位が確立されており、ほぼ100%の男性が自分をセックスを対象とした女として独身時代以上にチヤホヤされる世界がある。

女性の浮気

罪悪感を夫の理解不足と責任転換しながらの不倫

頭では不倫=罪であることをわかっていながら

「自分は不倫などするような女性ではなかった。」

「この不倫は夫の理解不足が原因。」

「自分は悪くない。」

といったように、不倫の責任を夫に転換しながら不倫を継続してしまう妻は少なくありません。

そして、不倫の目的がどうであれ、発覚まで不倫を続けてしまうようになります。

中には複数の男性と不倫を繰り返してしまう方もいます。

不倫相手と待ち合わせをする妻

不倫から離婚へ

妻の不倫発覚は夫の不倫と比べ、離婚率が高くなる傾向があります。

許されると思っていた不倫なのに・・・

夫に責任転換をしながら続けてきた不倫が発覚。

責められることはあっても、悪いのは夫なのだから、許されると思っていたが激怒したまま収まらず離婚話が進んでしまう。

味方であると信じていた両親にも見放された

夫から両親に自身の不倫を暴露された結果、誰よりも自分をわかってくれると思っていた両親までもが激怒し、厳しく叱責された。

そして離婚原因は娘の不貞行為にあると夫に謝罪し、夫の味方についてしまった・・・。

不倫を後悔する妻

産後クライシスという言葉に踊らされ

様々な原因から生じるとされる産後クライシスという現象。

しかしそれは、倦怠期や我儘としてしかみなされないことが大半です。

産後クライシスは、あくまで報道が視聴者のうけを良くする為、統計から生み出された造語でしかないのです。

そのような造語は他にもたくさんあります。

また、それらを聞いて、自身の不倫を正当化する言葉として使う方も少なくはありません。

しかし、実際は何の言い訳にもならないことが大半で、逆に悪事を正当化する言い逃れとして、自身を追い込む言葉になりかねません。

どのように責任転換しようとも、配偶者はもとより自分の両親にまで見放されるような結果を招いてしまう不倫は、やはり不法行為であり、社会的に認められない悪行なのです。

浮気調査業務において、調査任務を遂行する上でラブホテルや各種宿泊施設の地理的状況や出入口の位置などを含めた施設の情報を把握しているかは、非常に重要なポイントとなります。
そういった点において弊社は25年を超える三重県内のい調査実績があり、浮気調査の受件数もダントツです。
どのラブホテルではどこから撮影するのが適切であるなど、ラブホテルの状況は把握済みとなっており、安心して浮気調査をお任せいただける探偵社です。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

浮気調査コラム 筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

探偵社概要

社名 総合探偵社ガルエージェンシー伊勢湾
住所 四日市相談室
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
電話番号 059-353-6665
探偵業届出番号 三重県公安委員会 第55070401号
代表者 矢橋 克純
主要調査担当地区 四日市市 / 桑名市 / いなべ市 / 亀山市 / 鈴鹿市 / 名張市 / 伊賀市 / 中南勢地区(津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市) / 東紀州地区(尾鷲市、熊野市) / 他三重県全域(全国対応)

交通アクセス(四日市市城東町17-33)

三重県の調査はお任せください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム