電動キックボードの危険性
無免許&ノーヘル

電動キックボードの是非

三重県の探偵社ブログ

ページ更新日:

2023年7月に法改正により電動キックボードでの公道走行が可能となりました。
電動キックボードに乗りたいと考えていた方からすれば「解禁」という言葉の方が正しいのかもしれません。

電動キックボードで公道を走行する男性

事故頻発が想定される電動キックボード

普段から四輪車だけでなく、バイクや自転車を乗る探偵の立場からいえば、事故の加害者にも被害者にもなり得るこれほど危険な乗り物はないと思います。

事故の頻発が想定される決定的な理由を挙げていきます。

電動キックボードに乗る女性男性

体感スピードが早い

電動キックボードが走行する様子を、三重県内ではあまり見かけることがありませんが、名古屋あたりではよく見かけます。
第一の感想としては「思っていたよりスピードが早すぎる!」というものです。

渋滞する道路の歩道側をスイスイと追い抜いていく様子は乗っている側からすれば快適かもしれませんが、原付バイクでも危ないと思えるような道路面が多い中、あのスピードは早すぎます。

個人的には、調査で乗らなければいけない必要性があれば仕方なく乗りますが、プライベートや通勤で乗ろうとは一切思いません。

危険すぎます

タイヤが小さすぎる

バイク歴40年にもなる私からして、電動キックボードのタイヤサイズで時速30kmはヤバすぎます。
道路の凹凸、歪み、落下物などを考えると高い確率でコケる(転倒する)でしょう。
道路から歩道の段差を乗り越えられずに、転倒するにとが続出するのは必至。

電動キックボードのタイヤサイズでは、単一だけでなく単二サイスの乾電池を踏むだけでバランスを失う恐れがあります。
個人的な意見ですが、電動キックボードを通勤に一年間乗り続けたとして、一度も転倒しなかったという人はとても幸運だと思えるレベルです。

危険すぎます

16歳から免許証不要というのは異常

16歳から原付を乗り、その後、中型→大型とオートバイを乗っていますが、時速30kmでの走行を可能とする電動キックボードを無免許で乗れるようにした根拠がさっぱりわかりません。
本音を言うと「とても異常」だと思います。

死亡事故を含めた重大事故が数多く起きると確信しています。
特に若者の事故は頻発するでしょう。

危険すぎます

電動キックボードで走行する少年

電動キックボードには他にも様々な問題が

ひったくりや当たりやなど犯罪に悪用する問題は個人の資質としても、他にも様々な問題が生じます。

交通事故の問題にしても、自損事故を除けば、事故には3種類しかありません。

  • 自分が100%悪い事故(自分に全過失)
  • 相手が100%割対事故(相手に全過失)
  • 双方に過失がある事故(お互い様的な事故)

電動キックボードは特定小型原付に分類されるということですので、対四輪車・対二輪車との事故では相手の過失が大きくなる可能性が高いです。
例えば、夕方や夜間に電動キックボードが走っていて、トラックが追い抜こうとした瞬間に運悪く空き缶や乾電池などを踏んでしまい、車道側に転倒してしまった場合、トラックからは視認できない位置(死角)ですので、轢いてしまう可能性が普通にあります。

いくら過失割合で相殺されるとはいえ、死亡事故ともなればタダでは済みません。
相手の人生さえも奪ってしまう結果になるのです。

自賠責保険は当たり前として、任意保険に入ったりヘルメット着用を義務化したしたところで問題が解決したことにはなりません。
自己責任の範疇で済むわけがない問題です。
公道を走行する性能自体に大きな疑問が残る電動キックボードを無免許の子供が乗り回せるなどとするのは、とてもまともな考えだとは思いません。

原付の何倍も危険な乗り物

それが電動キックボードです

三重県での調査はお任せください
探偵社案内人
調査やご相談を担当するスタッフは探偵学校の講師資格を取得する民事調査のエキスパートのみです。三重県の皆様に高度な調査をご提供することをお約束します。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

三重県の探偵ニュース 筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークが確立されており、特に三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

探偵調査に関する無料面談予約はこちらから

0120-775-066 09:00(OPEN)-22:00(LAST)

探偵社概要

社名 総合探偵社ガルエージェンシー伊勢湾
住所 四日市相談室
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
電話番号 059-353-6665
探偵業届出番号 三重県公安委員会 第55070401号
代表者 矢橋 克純
主要調査担当地区 四日市市 / 桑名市 / いなべ市 / 亀山市 / 鈴鹿市 / 名張市 / 伊賀市 / 中南勢地区(津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市) / 東紀州地区(尾鷲市、熊野市) / 他三重県全域(全国対応)

交通アクセス(四日市市城東町17-33)

三重県の調査はお任せください

探偵歴30年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム