依存症問題
心の病気

依存症からの脱却

三重県の探偵社ブログ

ページ更新日:

アルコール依存症やギャンブル依存症など違法ではない対象への依存と、薬物依存症といった対象物が違法行為となる依存症は質が異なります。
心理療法や薬物医療も対処法の1つと考えるべきです。

違法な依存症と合法な依存症

違法薬物など依存対象となるものが犯罪である場合、当事者も違法であることを認識(自覚)している上で行っていることは明らかなことから、対処法は専門家による治療が適切であるのは異論がないとこころだと思います。
素人判断で「いつかは立ち直ってくれる。」という願いが叶うほど、違法薬物の禁断症状や依存性は甘くありません。

違法行為の発覚、すなわち逮捕拘留されることにより、少なくとも拘留されている期間は違法薬物から切り離すことができますし、誰からも反省を促されます。
違法薬物により心身になんらかに異常があるという理解ができることから、メカニズム的にはシンプルな依存症といえるでしょう。

それに対して、依存対象が違法ではない依存症(ギャンブル・アルコール・ゲームなど)は、本人に依存症である自覚がない(薄々自覚していても悪意はない)ことが多いことから、複雑なメカニズムを有する脱出することが厄介な依存症になります。

パチンコ依存症

依存症を自覚しない原因

違法性の伴わない依存症の大半は、自己暗示的な言い訳によって成り立っていることが大半です。

「罪を犯していない。」
「誰にも迷惑をかけていない。」
「趣味(嗜好)くらい良いだろ。」
「明日(次)は必ず勝てる(儲かる)。」
「いつかはやめるつもり。」
「酒は百薬の長というではないか。」

言い訳の内容はともかく、悪いことをしている自覚がないから依存症であることを認めないというのは、当事者からすれば当然の論理といえます。

また、別の話しになりますが、浮気調査で不倫の証拠を掴まれた対象者がよく主張する「自称:セックス依存症」は、大半どころかほぼ全てが依存症ではないと考えています。

依存症であることを指摘する重要性

違法行為の伴わない依存症に関しては、家族を含めた周囲の人物は依存症ではないかと疑いながらも、関係悪化を恐れるなどの理由で、本人に指摘しきれない状況が往々としてあります。
指摘された場合、逆切れをする傾向が強いのが依存症の特徴でもあのも理由の1つでしょう。

「今更やめられない。」レベルの時、依存症を指摘されれば、意地になってやめないとされる可能性はありますが、「そこまで言われるならやめたら良いのだろう!」開き直ってやめる可能性もあります。
少なくとも依存症を指摘することにより、今以上に悪い状況になることはないのです。

何もしなければ、「今更やめられない。」「誰にも迷惑をかけていない。」のまま依存症が進んでしまい、深刻な状況に陥る可能性があります。

大切な人だからこそ繰り返し指摘するべきなのです。

指をさして指摘する女性

薬物やアルコール依存症は治療が必須

違法薬物とアルコール依存症をひとくくりにするのは間違っているのかもしれませんが、自己意思だけで乗り越えられる可能性がないにも関わらず、「自分だけは違法薬物(アルコール)をコントロールできる。」「コントロールしている人は多くいる。」と考えているという面では同じだと考えています。

また、「純度の高い薬物であれば依存性はない(または低い)。」「高級な酒は依存症にならない。」と主張する依存症対象者が非常に多いという共通点があります。

ただ、違法薬物もアルコールも世界中に多くの依存症患者がいて、苦しんでいる状況があるのは誰もが知っていることです。

自己意思でコントロールできる程度のものであれば、こうはなっていないでしょう。
そして、強い依存性がるからこそ、捕まったら懲役(国にとっては死刑まである)を覚悟して違法薬物を密売しているのではないですか。

薬物依存症の女性

本人が依存症であることを理解する必要性

ギャンブルやゲーム依存症などは本人が依存症であるとの自覚をもった時点で脱出できる可能性は飛躍的に高くなります。
依存症かもしれないと考えるだけでも大きな前進といえるでしょう。

ギャンブルやゲーム依存症の大半は「今更やめられない。」といった心境のままズルズルと深みにはまっている状況です。

脱出した方のほぼ全員が、「その頃の自分はバカだった。」「失ったものは多かったけれど得たものなんて無かった。」と反省しています。

自分の行いを正当化する為、様々な理由をつけてはい依存対象となるものをダラダラ続けてしまうのですが、少なくともいくらパチンコやゲームをしたとしても健康にはなりません。
病的になることはあっても、健康になることは決してないのです。
そういった部分から説得をされてみるのも1つの方法だと思います。

ゲーム依存症

三重県での調査はお任せください
探偵社案内人
調査やご相談を担当するスタッフは探偵学校の講師資格を取得する民事調査のエキスパートのみです。三重県の皆様に高度な調査をご提供することをお約束します。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

三重県の探偵ニュース 筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークが確立されており、特に三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

探偵調査に関する無料面談予約はこちらから

0120-775-066 09:00(OPEN)-22:00(LAST)

探偵社概要

社名 総合探偵社ガルエージェンシー伊勢湾
住所 四日市相談室
〒510-0824 三重県四日市市城東町17-33
電話番号 059-353-6665
探偵業届出番号 三重県公安委員会 第55070401号
代表者 矢橋 克純
主要調査担当地区 四日市市 / 桑名市 / いなべ市 / 亀山市 / 鈴鹿市 / 名張市 / 伊賀市 / 中南勢地区(津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市) / 東紀州地区(尾鷲市、熊野市) / 他三重県全域(全国対応)

交通アクセス(四日市市城東町17-33)

三重県の調査はお任せください

探偵歴30年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム