尾行実習

尾行実習風景

入学から卒業までの期間、毎回のように行われる徒歩での「尾行実習」。 
テーマを設け対象者を設定し、調査員となってその対象者を実際に尾行します。

回数を重ねる毎に、修得技術に合わせ、少しずつ難易度を上げていくのですが、自分で調査技術が上達していくのを実感できる為、生徒さんに最も人気がある実習です。

実習後には講師によるレクチャーが用意され、撮影位置・張り込み位置・尾行の距離感の確認など、次回よりの注意点や課題を伝えます。
対象者役及びレクチャーを行うのは、当然、現役の探偵だけです。
ここで、本物の探偵の尾行術・撮影術をしっかり学んで下さい。


ダミー画像

「尾行に始まり尾行に終わる」

探偵の仕事の約7割が尾行が中心の行動調査です。
【行動調査=浮気調査】といっても過言ではなく、連日のように浮気調査を行っているのが探偵の仕事内容の実情です。
いうなれば、尾行調査さえ上達すれば、最低限探偵としてやっていけるということになります。
上達のコツは最初から上手くやろうとせず、失敗を繰り返しながら覚えていくことです。

様々なチャレンジや工夫を重ねながら、「どうすれば自然な尾行が出来るのか?」「上手く証拠撮影ができるのか?」などを習得していくのです。
探偵学校で失敗の多かった生徒さんほど、探偵社に就職した暁に、失敗のない良い調査員となっていることが多いのも、また事実です。


このページの先頭へ