自宅を含めた室内での浮気(不倫)の証拠収集を依頼されるケースとしては

  1. 妻(夫)が、夫(妻)がいない間に浮気相手男性を自宅に招き入れる
  2. 夫(妻)が、不倫相手宅に行く
  3. 不倫用のマンション(アパート)が用意してあり、そこで会う

といったパターンが多くみられます。

自宅で不倫する男女

ここで、まず、不貞行為の証拠というものを皆さんにご理解していただく必要があります。

不貞の定義
不貞行為(ふていこうい)とは、法律用語であり、配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されている。

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。
しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。
性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある。
ただし、嫡出子が男性の遺伝的実子でないことが鑑定によって明らかになっても、その事実だけをもって女性の「不貞行為」は推認されず、また嫡出否認または親子関係不存在確認の訴えを起こして成立しない限りは親子関係が取り消されることもない(最判平26・7・17)。

その上で、自宅などの室内での不倫の証明を考えると、「貞操義務の不履行」「不貞行為」とは「性行為(セックス)」そのものを指していることから、室内で性行為が行われたとの証明が必要になります。

そして、「現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する」とありますが、それは不貞の証拠を確保するまでに、不貞が行われていたであろうと強く推認される事実があるケースであり、一般的には「一回だけではない反復した不貞行為が必要とされる。」が正しい解釈になります。

問答無用で不貞の証明をするには、肉体関係が繰り返し行われていた事実の証拠を示すのが最善であるのは言うまでもありません。

ただ、室内での性行為を証拠撮影できるケースは、法的にも物理的にも限定されます。

そこで、「性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある」が重要なポイントになるのです。

室内で不貞行為が行われているであろう状況証拠を積み重ねることによって、不貞の事実を証明していきます。

実際、その方法での浮気調査で証拠を確保できた結果、慰謝料や離婚が認められなかったケースは皆無であることから、判例としても実例としても確かなことです。

一軒家・アパート・マンションが舞台となる浮気調査は、ラブホテルなどに比べれば撮影の難易度が高くなることも多くあり、厳しい調査になることは多々あります。

様々な意味で判断が難しいケースも多くあります。

そこで探偵を使う場合、大切なのは信頼のできる探偵社選びになるでしょう。

「おざなりな調査で、不貞行為が証明しきれなかった」というのが最悪のケースですが、弊社ではただの一度もそのようなことになった事案はありません。
また、全ての依頼者さんに、弊社調査の不備によって訴訟で勝てなかったなどの事態が生じた場合、調査料金全額の返金をお約束しております。

それは探偵学校校長の運営する探偵社というプライドであり、所属調査員の全員を0から育て、講師の資格のある者だけが調査を担当しているという信頼の表れでもあります。

探偵業界の実情を知らない三重県の方々が、東京や大阪、名古屋といった自称大手探偵社に調査を依頼し、高額な調査料金を支払ったにも関わらず、証拠が足りないとのされた為、調査のやり直しをする度、自社の営業努力が足りなかったことへの反省と共に、依頼者さんの心情を思うと切なくなることが度々あります。

せめて三重県の方は、弊社に依頼しなくても構いませんので、一度だけでも相談され、弊社の提案やアドバイスをお聞きください。
その上で、他社を選ばれるのなら、何の悔いも残りません。