強制執行(きょうせいしっこう)とは、債務名義にあらわされた私法上の請求権の実現に向けて国が権力(強制力)を発動し、真実の債権者に満足を得させることを目的とした法律上の制度であり、日本においては民事執行法(以下単に「法」とする)を中心とする諸法令により規律される。
※Wikipediaより抜粋
差し押さえ可能な資産

「不倫や不貞で慰謝料請求が認められたけれど支払われない」

「貸したお金を返さない」

「養育費が支払われない(滞っている)」

などといった場合、債権や養育費が確定している時は、給料の差し押さえを含めた強制執行を行うことが出来ます。

強制執行では

  • 動産(預貯金など)
  • 不動産
  • 給料の差し押さえ
    手取額の4分の1、手取額が33万円を超える部分についての全額、そのどちらか多い方

などがあり、要はお金になるものを差し押さえするということです。

そこで重要となるのは

  • 預貯金口座情報(金融機関名・支店名)
  • 車なら本人名義である証明(登録事項証明書)
  • 不動産登記簿

といった情報を予め把握しておかねばなりません。

裁判所は差し押さえはしてくれるが調査はしてくれないということです。

ですので、探偵社には弁護士事務所や個人から
上記の情報調査を依頼されることが多々あります。

最も多いのが勤務先調査 次に多いのが居住先の調査、資産調査になります。

また、相手が強制執行に備え、預貯金などの財産を隠すということも考えられます。
そういったことが想定されるケースでは、訴訟前に仮差押えの手続きをしておくことも考えておかなければいけません。
仮差押えが認められると、預貯金の引き出しや名義変更ができなくなります。

様々な事情から、泣き寝入りをされる方はたくさんおられます。
中には被害者の方が悪者になってしまうように思われる方もいます。

悪を許さないというのも法律の意味の1つです。
本人が納得されて諦めるというのでしたら、問題ないでしょうが、泣き寝入りというのは違うのではないでしょうか。
泣き寝入りを繰り返すことにより、つまらない人生になってしまうこともありますので、正しい知識をもって後悔のない判断をしてください。